« 灰色の背中 | トップページ | 雨の公園 »

2007年12月21日 (金)

ホオアカ

今朝は久しぶりに河川敷に行った。寒くなってきたせいかホオアカがまた平地に戻ってきていた。ホオアカはルリビタキなどと同じように留鳥または漂鳥に分類され、渡りはしない。季節の移り変わりに応じて高原と平地を移動する。
枝被りのため決してすっきりとはしないが朝の光の柔らかな半逆光で撮れて雰囲気はまあまあお気に入り。

Img_7414s

|

« 灰色の背中 | トップページ | 雨の公園 »

コメント

こんばんは
ホオアカ、たしかにアイシャドウしているかわいい鳥さんですね。
マフラーしているみたい(^o^)
これもまたお見合い写真のよう素敵です♪

投稿: でつ | 2007年12月21日 (金) 20時39分

素晴らしい雰囲気ですね。
夏の高原では無理だろうなと思える光の雰囲気がとても素敵です。僕も何度もこの色が好きなので挑戦はしましたが、良い結果は得られていません。

投稿: ぱわすて | 2007年12月22日 (土) 00時54分

でつさん、こんばんは。
ホオアカは初夏の高原の緑の中で思いっきり囀っている姿が一番“らしい”ですが、晩秋から初冬のこんな雰囲気もなかなかお似合いです。ホオジロほど数はそんなに多くはないのですが警戒心はホオジロより薄い感じがします。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年12月22日 (土) 18時50分

ぱわすてさん、こんばんは。
グリーンバックとはまた違った雰囲気ですよね。夏の高原は晴れると本当に太陽ぎらぎらですから光のコントロールも難しいですね。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年12月22日 (土) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灰色の背中 | トップページ | 雨の公園 »