« エナガ | トップページ | 冬鳥占い »

2007年11月12日 (月)

オシドリ・水と光の共演

秋の紅葉の時期には毎年のようにオシドリを撮りに行っている。昨日も午前7時には現地に到着し、午後から場所を移動するつもりでいたが、結局同じ場所で午後4時まで総計9時間も粘ってしまった。
毎年同じ場所でオシドリを撮っていると、同じような構図の写真が多くなるので、「同じようなオシドリばかり撮ってもしかたがないでしょう」と言われそうだが、さにあらず。ここにはオシドリを撮りに行くというよりもむしろ“水”を撮りに行っていると言ったほうがいい。水面に映り込む紅葉の赤、黄色と紅葉しない葉の緑。光の強さや風の有無によって水面の様子は千差万別。毎年同じということがないのはもちろんのこと、一日の中でも水面の様子は劇的に変化する。
どちらかというと黄色く色づいた葉が多いなか、僅かな赤い葉の映り込みをオシドリのいる場所までたぐりよせるべく、三脚を思いっきり低くして撮影する。写真だけをご覧いただくと周囲は真っ赤に染まった見事な紅葉と思われるかもしれないが、この色が出る三脚設置場所と角度は本当にピンポイント。

D2x_2603

D2x_2552

D2x_2694

D2x_2623

D2x_2608

D2x_2591

D2x_2561

D2x_2365

D2x_2416

D2x_2426

D2x_2705

D2x_2640

D2x_2685

参考画像として2005年12月3日撮影の同じ場所のオシドリを。この年は紅葉も綺麗で、撮影時はさざ波もたたず、かといって完全な無風でもなく、適度に大きく水面が揺らいでくれたため、緑と赤のなんとも言えぬグラデーションが水面に描き出された。メイン機材のD2Xもこの場で最適レンズのサンニッパも修理中であったため、D70とサンヨンで撮影していた。撮影時刻を見ると15時16分となっている。やはり午後からの方が水面の映り込みが綺麗に出る。

Dsc_0395

|

« エナガ | トップページ | 冬鳥占い »

コメント

こんにちは
オシドリさんは絵の具で塗ったようなはっきりした色をしているんですね。
水面の揺らぎがいいですね。
今日は子どもが代休です。
彼らには目つきが気になって仕方なかったようです。
いろいろな鳴き声が彼らの耳にも入ってくるようになってきました。

投稿: でつ | 2007年11月12日 (月) 14時09分

ひゃぁ~
隊長さーん 魅せてくれますね~ 凄いです。
ステキ過ぎます。うっとりです。

投稿: nerine | 2007年11月12日 (月) 17時02分

でつさん、こんばんは。
オシドリの雄は自然のものとは思えないほど派手な色をしてますよね。繁殖期が終わったあとの換羽直後はとても地味な色で雌とあまり見分けがつきません。
水面の揺らぎは風があまりない時に大きくゆったりと揺らいでくれるのが一番綺麗です。風で細かなさざ波が立つと水面の色はかき消されてしまいます。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年11月12日 (月) 19時19分

nerineさん、こんばんは。
オシドリが見れる場所はnerineさんの地元の公園を含め、いろいろありますが、ここのオシドリほどじっくりと構えて撮れる場所は他になかなかないでしょうね。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年11月12日 (月) 19時22分

きれいですね。忘れていたのを思い出しました、昨年も諸氏の紅葉写り込みに魅せられて、行けずに悶々としていたことを。
ちょうど、今週末に休みが取れるので、どこに行こうかと考えいたところ隊長さんの素晴らしい写真。
行き先が決まってしまいました、有り難うございます。

投稿: ぱわすて | 2007年11月13日 (火) 01時29分

ぱわすてさん、こんにちは。週末の貴重なお休み、有効に使ってください。昨年は干拓地でチョウゲン、コチョウゲンを撮って、昼から移動し、オシドリを撮っていたのを思い出します。
オシドリは午後からの時間帯の方が光の状態もよく(お立ち台の杭の方向に直射光があたらないので)、水面への映り込みも綺麗にでます。午前中猛禽狙い、午後にオシドリというのも一考です。ただ、二兎を追うものは・・・という言葉もありますし、午後から池に行くと駐車場に入るのに結構待たなければならないです。レンズは都の巨匠も仰っていますとおり、サンニッパがベストで、状況によっては200mmも活躍します。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年11月13日 (火) 11時14分

隊長さん、今晩は。
紅葉はまだ早いという意見もありますが、折角の休みですので週末には出かけてみたいと思います。
干拓地も良いですが、このシーズン、時間帯が遅くなると恐らく駐車できないと思いますので直接池の方に向かおうかなと思っています。
サンニッパにロクヨン選択に悩みますね、駐車場までもう少し近ければ悩みも半減するのですが。

投稿: ぱわすて | 2007年11月15日 (木) 19時39分

私はこの日、500mmも持って行ってましたが車に置いたままでした。基本はサンニッパで遠いときは1.7倍テレコン装着でした。500mmはいざとなったら駐車場までもどればいいやと思ってましたが結局とりに戻ることはありませんでしたよ。600mmと両方あれば確かに木の根っこどまりなんかの時には役に立つとは思います。和の巨匠も今週末あたり予定されてるんじゃないでしょうか。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年11月15日 (木) 19時54分

紅葉の季節におしどり――と言いつつも、紅葉は水に映るのみでひとつも写っていないのですね。
それでもしっかり季節が味わえるきれいな写真で、今にも動き出しそうな水面に思わず見とれてしまいます。
おしどりは派手な鳥などと思っていましたが、隊長さんの写真で見せていただいて美しい鳥だと再認識しました。
おしどりよ、今までゴメン・・・

投稿: misao | 2007年11月16日 (金) 11時04分

misaoさん、こんにちは。
ここでのオシドリと紅葉はご指摘のとおり水鏡に映った紅葉が中心になります。池のまわりをぐる~っと1周するように散歩道があります。その更に周囲には少し林があります。林の木々は黄色く色付き、ところどころに赤く紅葉した木もあります。散歩道と池との境あたりにも木々が植えられていて、中には紅葉したものもあります。
オシドリが散歩道脇の紅葉した木の付近を通過する時に紅葉と一緒に撮れたらいいのですが紅葉を入れればオシドリが入らず、オシドリを入れれば紅葉が入りません。
ず~っと以前から撮りたいと思っている写真があります。池に覆いかぶさるように生える紅葉した木。張り出した枝のちょうど下を泳ぐオシドリ。その全部をもっと高い位置から俯瞰で撮影したい。イメージはずっと以前からできているのですが、適当な場所には未だにめぐり会えていません。今回の撮影時、車の中には脚立が積んでありましたが、脚立の出番はありませんでした。もっとも、普通の高さの脚立ぐらいでは私がイメージする俯瞰の写真には低すぎるんだと思いますが。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年11月16日 (金) 11時34分

隊長さんがイメージされているその場面、私もイメージしてみました。・・・が、実物を見たことのない私のイメージでは無理があるようです。
いつの日か“その写真”を見せていただくことを楽しみにしています。

投稿: misao | 2007年11月16日 (金) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エナガ | トップページ | 冬鳥占い »