« ムギマキ成鳥♂ | トップページ | ムギマキ飛び出し »

2007年10月29日 (月)

秋色コサメビタキ♪

土曜日の撮影より、少し秋色を取り入れたコサメビタキを1枚。背景も構図もすっきりしませんが、秋色に免じてお許しを。関西の紅葉はあんまり進んでないみたいですねぇ。

D2x_1888

|

« ムギマキ成鳥♂ | トップページ | ムギマキ飛び出し »

コメント

探検隊隊長さん、今晩は。
>すっきりしませんが<
この位の方が自然で良いですよー、ウットリです。
紅葉と鳥さんは今一番写したいです。
この頃になると鳥さんの数減って中々写せななく走り回ってます。(汗)

今年はムギマキ駄目ですか?
色々な人の話しで関西へ、ムギマキを写しに新幹線で日帰りも考えました。
実は探検隊隊長さんにメールしようかなと思ったほどですが余りにも日帰り新幹線は厳しいので止めました。(汗)
観光を兼ねないと関東からでは行けないですね。(笑)

投稿: TSUCHIYA | 2007年10月29日 (月) 18時44分

紅葉と鳥、私もこれからじっくり撮りたいと思ってます。関西の紅葉はこれからです。鳥さんの方はスズメだって私はオッケーなんですが、意外とスズメというのは却って普通種を意識しているようなところが写真からにじみ出て、ちょっと鼻に付くんですよね。ヒヨドリあたりが一番鳥種を意識させないように思います。
ムギマキはまだこれからが本番のような感じがします。紅葉の遅れと同様、餌となる木の実の熟し具合も例年より少し遅れているように感じます。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年10月29日 (月) 21時00分

こんばんは
そのまま額に入れて飾りたいくらい素敵な構図ですね。
プリントしたりはしないのですか?

投稿: でつ | 2007年10月29日 (月) 21時14分

でつさん、こんばんは。あれれ、そんなに気に入っていただけるとは思ってもみませんでした。
「すっきりしない」構図と書いたのですが、実は結構逆説的な意味合いがこもってます。「すっきりしない」の意味は、定番構図だと鳥の視線が向いている方のスペースを広く空けるのに、その逆になっているということなんですね。定番構図の方が構図としては安定感があります。でも定番構図は安定感がある反面、緊張感がないんです。鳥の視線方向のスペースを狭くした逆構図。不安定だけれどそのぶん緊張感があって印象深くなるんで「すっきりしない」といいながら私は好きなんです。
プリントはほとんどしません。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年10月29日 (月) 21時39分

隊長さん、私もこれ好きです。
先ほどメール送りましたよ~。♪

投稿: Hanako | 2007年10月29日 (月) 22時54分

初めてお邪魔します。
TSUCHIYAさんの所でコメントを見させて頂き…ムギマキ!ドキ!!で
早速お邪魔させて頂きました。
マコと申します。
5年ほど上達の無い鳥撮りをしております。
宜しくお願い致します。

お尋ねしてビックリ綺麗でお見事なお写真の数々これからゆっくり見させて頂きます。
宜しいでしょうか?
とお断りしてますがお返事頂く前に見ちゃいま~~すヾ(´ー`;)
これからも宜しくお願い致します。

投稿: マコ | 2007年10月29日 (月) 23時33分

Hanakoさん、こんばんは。
メールの件了解しました。が、・・・なぜかまだ届いていません。たま~に遅延する事があるので、明日届かなければご連絡します。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年10月30日 (火) 00時14分

マコさん、こんばんは。コメントくださってありがとうございます。定年隊さんのところでお名前とお写真はよく拝見させていただいてます。こちらこそ、よろしくお願いします。
デジスコで撮った写真は全体からすると少ないですが、私の場合デジスコで撮っても一眼で撮ってもあんまり作風かわりませ~ん。拙いブログですがゆっくりご覧いただければ幸いです。
T植物園やK高原なんかでいつかお会いする機会があるかも知れませんね。TSUCHIYAさんとも一度お会いしたいと思っています。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年10月30日 (火) 00時31分

はじめまして、rippleと申します。
ココログ経由でやって来ました。鍼灸師です。
ほっとするような写真ばかりで、うらやましいです。
これらの写真はどちらで撮られたのでしょうか。
わたしはバードウォッチングの初心者で東京の野川で
カワセミやジョウビタキを追いかけています。

投稿: ripple | 2007年10月30日 (火) 15時30分

rippleさん、こんばんは。はじめまして。ご訪問有り難うございます。
野鳥の撮影は春から初夏にかけての繁殖期には信州などの遠方まででかけて撮影することもありますが、年間を通じてみるとほとんどの場合居住市及びその隣接都市の山、川、田園などになります。
今の時期は夏鳥(春ごろ日本に渡ってきて繁殖活動をし、秋から初冬ごろに南方の国へ渡って行く鳥を夏鳥と呼びます)の秋の渡り時期ですので都市公園などでも多くの野鳥が観察できます。
探鳥地に関しては例えば野鳥専門誌“birder”のWEBサイトの中にも下記のような探鳥地情報が掲載されていますので参考にされてはいかがかと思います。また、こういう探鳥地情報には掲載されていない場所でも、意外と自宅から近い場所によい探鳥地があったりします。自分だけのお気に入りの探鳥地を開拓するのも楽しみの一つです。

http://www.birder.jp/bird-watching/bw-top.html

投稿: 探険隊隊長 | 2007年10月30日 (火) 18時11分

こんばんは
構図のお話、ありがとうございます。
野球の写真をトリミングするときにはそうですね、ボールがこれから飛んでいくであろう方向、子どもがこれから走っていく方向に余白を多くしたりします。
のんびり枝で休んでいるコサメビタキちゃんがいつ気が変わってプイッと余白方向へ飛んでいくかな?と私自身が気まぐれなのでそんな共通性が惹きこまれた一因かもしれません(^o^)

投稿: でつ | 2007年10月30日 (火) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムギマキ成鳥♂ | トップページ | ムギマキ飛び出し »