« 週末のノビタキより | トップページ | 蕎麦の花とノビタキ »

2007年10月10日 (水)

蓮ノビタキ

蓮の実にとまるノビタキ。このシーンを最初に自ら撮影して提示してくださったのは夏の最後の遠征で偶然お会いしてお知り合いになった三重のSさんだった。蓮の花が鮮やかに咲く頃に蓮の花や実にとまるカワセミの写真は過去に何度も目にしたことがある。しかし、枯れた蓮の実にとまっているノビタキの写真はこれまで一度もお目にかかったことがなく、Sさんの写真からは強烈なインパクトを受けた。もともと杭の先端やセイタカアワダチソウの穂先などにとまる習性のあるノビタキなので、突き出た蓮の実にとまっているノビタキは、いかにもノビタキらしく風景とも極めてマッチする。こんな切り口があったんだと驚かされるとともに、俄かに撮影意欲が沸いてきた。それから2度、広大な蓮根畑に出かけ、2度目でなんとか蓮の実にとまるノビタキを発見できた。最初に撮ったSさんに多大な敬意と感謝の気持ちを込めて。

D2x_0444

D2x_0454

D2x_0448

|

« 週末のノビタキより | トップページ | 蕎麦の花とノビタキ »

コメント

隊長さん
ありがとうございました。
また、いい写真を見せていただきました。
隊長さんが強烈なインパクトを受けたという三重のSさんとやらのブログとかホームページとか、ご紹介いただけるものをご存知でしたら教えていただけないでしょうか。
お願いしたいのですが、如何なものでしょうか。

投稿: ejisan | 2007年10月10日 (水) 12時32分

ejisanさん、こんにちは。
私はSさんとは直接お会いしており、名刺交換もさせていただいております。その際にSさんのサイトを知りました。Sさんには私のメインサイトの掲示板にも御投稿いただいたことがありますが、その際、Sさんは掲示板のURL入力欄にサイトURLの記載をされておりませんでした。こちらのブログは一日の閲覧者もかなり多く、私の面識のないかたや、野鳥の棲息地の検索目的でたどりつく方も少なからず含まれていると思われます。直接ここでSさんのサイトをご紹介することがSさんにご迷惑にならないか心配です(ある程度限られた地域のお仲間達で和気あいあいとされているサイトですので)。
Sさんから直接コメントいただいたらもちろん喜んでご紹介させていただきます。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年10月10日 (水) 13時27分

隊長さん
わかりました。
ありがとうございました。

投稿: ejisan | 2007年10月10日 (水) 14時43分

今日はセイタカアワダチソウも生えている河原に行きました。
ノビタキ~と思って撮って帰宅してみるとスズメでした(T.T)
いつも素敵な写真で憧れます(^-^)

投稿: でつ | 2007年10月10日 (水) 17時31分

でつさん、こんばんは。
河原を散歩されたんですね。今日は絵にかいたような秋晴れでとても気持ちよかったのではないですか。セイタカアワダチソウが生えている河原ならノビタキもきっといますよ。
ところで、ブログのお写真を拝見しましたが、2枚目の飛び出しは本当にスズメでしょうか。ちょっとスズメとは違うような感じがするのですが。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年10月10日 (水) 18時09分

もしや!?
ノビタキさんですか?
やたら飛ぶのが速かったんです。
飛ぶ前のセイタカアワダチソウに止まるしょぼい写真を載せてみました。
ちょっとスリムな鳥さんでした

投稿: でつ | 2007年10月10日 (水) 21時38分

でつさん、追加写真見ました。
まだ少し黒さが残るノビタキの雄ですね。スリムに見えるのはちょっと背伸びしてるからだと思います。穂先であたりの様子を見るように背伸びするしぐさはよく見かけますよ。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年10月10日 (水) 22時23分

探検隊隊長さんこんばんわ
朽ちたハスとノビタキ、凄くマッチしています
上手いなぁ♪
リサーチも完璧ですね

投稿: kei3x | 2007年10月11日 (木) 20時25分

kei3xさん、こんばんは。
私にとっても新たな発見。枯れた蓮とノビがこんなにマッチするなんて。新鮮な驚きでした。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年10月11日 (木) 23時39分

こんにちは
今朝、念願のノビタキさんに会えました(^-^)
徒歩3分足らずで。。。
注意すると身近にいるものなんですね。

投稿: でつ | 2007年10月12日 (金) 12時52分

でつさん、こんにちは。今回のははっきりとノビタキとわかりますね。
ノビタキのいる環境ってどこもたいてい似かよっています。でも、以前見たのとよく似た環境でも全然いないところもあります。同じような場所に見えても虫がたくさんいるとか、ノビタキにとって心地よいとまり木となる休息場所があるかとかでノビタキがよく集まるところとそうでないところが別れているようです。なので、一度見かけた場所では繰り返し出会う可能性があり、翌年も同じところでよく見かけることがあります。でつさんだけのノビタキポイントを開拓してください。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年10月12日 (金) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週末のノビタキより | トップページ | 蕎麦の花とノビタキ »