« ノビタキ特設ギャラりー2007年版オープン | トップページ | アリスイ »

2007年10月21日 (日)

ひと月ぶりに山へ

先月から約ひと月ぶりにいつもの山へ。秋になってから2度目だが、今回は土曜日から一泊。予約は土曜の当日でした。土曜日は木枯らし1号が吹いたとかで、山も強風。木の実は豊富なものの、鳥は見渡せるようなところにはほとんど出てこず。本日、日曜日は6時前から外に出て日の出を拝んだあと、早朝から撮影。鳥の種類はそれほど多くはないものの、朝からキビタキの声がそこらじゅうに響きわたっていた。ジョウビタキはまだ見かけなかったものの、冬鳥ではアトリが群れで飛び回り、時折ミズキの木に降り立って盛んに採食。あとはコサメビタキ、サメビタキ、ムギマキの若、マミチャジナイなど。マミジロはもう通過してしまったのか見かけなかった。
この山は例年エゾビタキが最初に入ってきて、ほぼ同時にコサメビタキ、そのあとエゾビタキやコサメビタキがいなくなってもサメビタキだけはまだいるという傾向がある。今日もかなりの数のサメビタキがいた。
野鳥撮影のカメラマンは今回はほとんど見かけず。皆楽ちんに撮影できる公園などに出かけているのだろうか。昨年、オオマシコとウソが豊作だったために山も一時公園状態になっていたことがあったが、今年の山は昨年のようなことはないだろう。本当に好きなものが雪の中、数少ないオオマシコを丹念に探す。そんなスタイルがこの山にはやはり似合うように思う。

Img_4467

Img_4496

Img_4388

Img_4284

Img_4337

Img_4534

|

« ノビタキ特設ギャラりー2007年版オープン | トップページ | アリスイ »

コメント

こんばんは
2枚目の写真は迫力があってすごいですね。
最後の鳥さんは。。。なんだか角刈りみたいで怖いような、お茶目なような表情(^-^)
ノビタキさんがいなくなりました。
代わりにジョウビタキさんが♪今日はメスにも会えて朝からの散歩の足取りも軽くなります。
 
モズって強いんですか?
今日、ヒヨドリを嘴で「カツカツカツカツ」と音を出して威嚇して追い払っているのでびっくりでした。

投稿: でつ | 2007年10月22日 (月) 20時41分

でつさん、こんばんは。
最後の2枚の鳥は今回たくさんいたアトリです。角度によって確かに角刈りみたいに見えますね。
モズは小さな猛禽ですから気も強いですね。気が強いといえば、渡って来たばかりのジョウビタキも随分と気が強いです。モズにしてもジョウビタキにしても縄張り意識がとても強いようですね。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年10月22日 (月) 21時27分

いつもいろいろ教えていただき、ありがとうございます。
モズがいた場所はつい先日まではヒヨドリさんのお気に入りだったんですけどねぇ。。追い出してしまったみたいです。
ジョウビタキは同じ場所に毎年帰ってくるのでしょうか?

投稿: でつ | 2007年10月23日 (火) 16時32分

でつさん、こんばんは。
私の観察の範囲内では必ずしも同じ場所に毎年ということではないように思います。冬場に日本に来て繁殖するわけではないので、縄張りは餌場と大いに関係があると思います。年によって木の実のなり具合も異なるのでよく現れる場所も毎年少しずつ変わってくると思います。これから冬場にかけて頻繁に見かけるようになるジョウビタキやルリビタキはヌルデの実が大好きですので、ヌルデの木は要チェックですね。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年10月23日 (火) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノビタキ特設ギャラりー2007年版オープン | トップページ | アリスイ »