« この秋、山は木の実が豊富 | トップページ | タマシギ・ポートレート »

2007年9月21日 (金)

タマシギその3

先日のタマシギ。到着直後の撮影序盤にキャノンの500mmで撮影した写真を何枚かアップします。

Img_3080

Img_3195

Img_3085

Img_3278

Img_3082

こちらは雛5羽連れの別家族。母ちゃんは同じだったりして。Img_3111

|

« この秋、山は木の実が豊富 | トップページ | タマシギ・ポートレート »

コメント

隊長さん
ついにレンズもキヤノン、しかも500mm、すごいですねぇ。
やはり色合い、発色などはキヤノンの方が総合的にベターなんでしょうね。

私もCに乗り換えようかと考え初めております。

投稿: ejisan | 2007年9月21日 (金) 18時43分

さて、どうでしょうかねぇ。ひと月前ならいざ知らず、VRレンズの長玉3本とD3、D300が発表され、D3の驚愕の高画質を目にした今となってはキャノンが優位という考えは私の頭の中にはこれっぽっちもなくなっていますが。
発色に関しては好みの問題があるでしょうね。ニコン色は自然な色合いで好きですよ。
とにかく、野鳥撮影ではどちらがいいかとご質問された以前の頃より状況はがらっと変わっていますので、乗り換えの是非はD3やD300が実際に発売されてから検討されたほうがよいと思います。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年9月21日 (金) 20時15分

隊長さん
ありがとうございました。
そうですか、ではもう少し考えてみます。
でもデジタル機器は回転が速く、ほんの数年でどんどん変わっていきます。
終わりなきエンドのような感じがしてます。
うまく乗り換えていくことも必要なんでしょうか、ねぇ・・・。

投稿: ejisan | 2007年9月21日 (金) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この秋、山は木の実が豊富 | トップページ | タマシギ・ポートレート »