« シマフクロウ | トップページ | ちょっと一息 »

2007年3月 8日 (木)

エゾフクロウ

遠征二日目。羅臼から第二の目的地である鶴居に向かう途中、湿地帯の雑木林のなかのエゾフクロウを探す。事前の情報収集も十分ではなく、果たして見つけることができるのかどうかも自信がなかったが、運良く誰もいない林の中にエゾフクロウを見つけることができた。
林の中の比較的大きな木の洞にいたこの子は終始同じ場所でじっとしており、時折目を開けるものの、ほとんどは目をつむっている。同じようなカットばかりを大量生産しがちなシチュエーションだが、立ち位置の変化や距離の変化でいくつかのバリエーションを撮ってみた。

D2x_5017

D2x_4977

D2x_4966_2

D2x_4947

D2x_5195_1

D2x_4987

D2x_4994

D2x_5112

D2x_5037

D2x_5050

サンニッパ・テレコン無し・ノートリ
D2x_5163

|

« シマフクロウ | トップページ | ちょっと一息 »

コメント

おはようございます。
『サンニッパ・テレコン無し・ノートリ』とありますが、この条件は最後の一枚だけということでしょうか?それとも?

サンニッパ・テレコン無しでこんなに大きく、明るく撮れるんですね。
三脚ですよね?

とても明るく撮れて(4枚目は目あたりが少し影って)いますが、F2.8の中央重点、プログラムオート設定ですか?

投稿: ejisan | 2007年3月 9日 (金) 11時34分

レンズ構成は全て同じです。
4枚目は一番目をぱっちりと開けていてくれた瞬間なのですが、残念ながら左後方の木の枝の影がかぶってしまいました。前にも書きましたが、周囲に1メートルちょっとのブッシュが生えており、三脚ごと移動するのに少し手間取る場所です。
露出モードは中央部重点ではなく平均測光です。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年3月 9日 (金) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シマフクロウ | トップページ | ちょっと一息 »