« 梅と鳥 その2 | トップページ | 朝霧 »

2007年2月20日 (火)

早朝

早朝、山の端から太陽が顔を出すとき、水面が赤く染まる。日の出前から待機し、その瞬間を待った。

D2x_1951

D2x_1947

D2x_1939

D2x_1839

D2x_1889_1

D2x_1893

|

« 梅と鳥 その2 | トップページ | 朝霧 »

コメント

朝靄が出て、琥珀に染まった景色が美しいですね(^O^)
こんなイメージ、ボクも憧れます
大阪で撮れるの?

投稿: kei3x | 2007年2月20日 (火) 13時05分

大阪ではなく隣県ですが自宅から30分で行けます。直線距離でずっと近い準地元の池でも同じようなのが撮れますが、通勤渋滞で却って所要時間がかかってしまいます。
朝霧の表現は難しいですね。純粋に風景写真であればぐっと絞り込むところですが、鳥が入ると動きがあるんでシャッタースピードも必要ですし。研鑽あるのみですね。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年2月20日 (火) 17時54分

自然現象はなかなか思うようには行きませんね。
通常、雲海や朝霧は初冬の温度差が激しい時に
出るのですが、この時期に出るのなら又行ってみたくなります。

投稿: ハリアー | 2007年2月21日 (水) 18時06分

盛大な朝霧ではないですが霧は出てますよ。
少し雨が降って湿度が高くなった日の夜からスカッとした星空になって、次の朝に放射冷却で一気に気温が下がると霧が出やすくなりますね。で、こういうときに山に行くと一面ガスに覆われて往生します。
これに当てはまりそうなのが今週末の土曜日の朝です。午前6時50数分頃に太陽が山の稜線から頭を出します。

投稿: 探険隊隊長 | 2007年2月21日 (水) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅と鳥 その2 | トップページ | 朝霧 »