« タマシギ | トップページ | 山田池で »

2006年7月14日 (金)

アオバズク直前情報

本日現在未だ雛は現れておらず。気持ち悪いくらい例年と同じペースですね。
この週末にほぼ間違いなく出てくるでしょう。

D2x_9817

D2x_9818

今朝の撮影では少し前に入手した変倍アングルファインダーを使ってみた。
アオバズクは場所にもよるのかもしれないが、大抵は木の上のかなり見上げる角度の場所に留まっていることが多く、この場所もその例外ではないのでアングルファインダーは非常に使い勝手がよい。
倍率が等倍と2倍を切り換えれるタイプなので2倍にするとマニュアルフォーカスでもピントは非常につかみやすい。といいながら上の写真の2枚目は奥のアオバズクが突然羽を広げたのでピンと合わせが間に合わずにピンボケなのだが。
アオバズクのお供にアングルファインダー。おすすめです!!

|

« タマシギ | トップページ | 山田池で »

コメント

アオバズクは暗い環境に居ることが多いので、マニアルでのピンと合わせは難しいですネ
そこで変倍アングルファインダー!
かなり役立ちそうです(^O^)

投稿: kei3x | 2006年7月14日 (金) 20時44分

16日現在、まだ雛は現れずです。

投稿: 探検隊隊長 | 2006年7月17日 (月) 00時12分

隊長さん
このような撮影は手持ちかと思っていたのですが、変倍アングルファインダーを使われているのでしたら、三脚ですか!?
鳥を撮る時は、このように固定で撮られることも多いんですか?

隊長さんは、鳥の写真が多いんですが、そのほかの写真もチラホラ織り交ぜておられますね。
鳥の前はどんなものを撮っておられたんでしょうか。


投稿: ejisan | 2007年3月17日 (土) 19時01分

野鳥撮影のほとんどは三脚を使っています。手持ちで撮ることもありますが300mm/F4くらいまでの軽量レンズが前提で、サンニッパあたりになると重くてなかなか手持ちでは振り回せません。
アオバズクは木の結構高い枝にいるんですよ。かなり見上げる角度になるのでアングルファインダーを使うと姿勢が楽なんです。
昔は海に潜って水中写真なんか撮ってました。

投稿: 探検隊隊長 | 2007年3月18日 (日) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タマシギ | トップページ | 山田池で »