« 巣立ち雛 | トップページ | 大山の野鳥 »

2006年7月27日 (木)

夢舞台

高原の斜面ではニッコウキスゲが色鮮やかに咲き誇っていた。青い空に緑と黄色の絨毯。ここはまさに夢舞台。その中をノビタキの雌雄が飛び回っていた。
見る者にとっては夢舞台なのだか子育て真っ最中の彼らは必死である。雄と雌とがものすごいペースでひっきりなしに巣に餌を運んでいた。とっては返すとはまさにこのこと。いったいどうしてあんなにハイペースで虫を捕まえられるのだろうか。感心せずにはいられない。

D2x_1517

D2x_1582

D2x_1564

D2x_1574

D2x_1508

D2x_1538

D2x_1556

明日から五日間ほどBlogの更新ができないと思いますがコメントはいつでも受け付けてます。

|

« 巣立ち雛 | トップページ | 大山の野鳥 »

コメント

ニッコウキスゲにノビタキですか・・・うむむ、素晴らしい取り合わせですね。
僕は4枚目の♂がお気に入りです。
こんなに素敵な光景に出会えるなら、強行軍の甲斐があるってもんですね(^-^)

投稿: 黒猫 | 2006年7月27日 (木) 22時58分

なかなか思うようにキスゲのところに来てくれなかったのですが、帰り間際に一発勝負でとにかくキスゲだけは綺麗に咲いている場所へ移動したらラッキーにも繁殖中の個体に出会えました。
もう少し粘っていたかったんですが子育てを邪魔しちゃ悪いんで短時間でこの場所をあとにしました。

投稿: 探検隊隊長 | 2006年7月28日 (金) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巣立ち雛 | トップページ | 大山の野鳥 »