« ツバメ | トップページ | 巷で話題の鳥-夏羽レンカク »

2006年6月26日 (月)

ホオアカその後

土曜日に今期3度目の関西の高原へ。5月末に行った時と比べて囀っている個体を見る機会が明らかに減っている。池の葦原や草原の草の背丈も随分と高くなっていたが、これからさらに伸びると写真は撮りにくくなるだろう。
草原に咲いている花の背丈を周囲の草が追い越してしまっているので花絡みは望み薄かもしれない。
囀る姿を見る回数が減ったと思ったら、既に雛が巣立っていた。これからしばらくは親子のシチュエイションが狙い目かもしれない。

お気に入りのソングポストの位置はあまり変わらないようだ。
D2x_7254

距離を詰めると一面緑バックになって縦位置にしても背景に変化がない。
D2x_7223

D2x_7636

D2x_7638

親子のツーショット。
D2x_7160

こちらはホオジロの囀り。木の梢で囀っている個体が多かったが、これは目の前の近いところで囀っていた。
D2x_7150

♂のプレゼントを待つモズの♀。一度求愛給餌シーンを見れたが枝かぶり。
その後もう一度♂が来るのを待ったが、肝心の♀が枝の低いところにもぐりこんでしまった。
D2x_7118

求愛給餌直後の証拠写真。♀の口には♂からもらったプレゼントがしっかり。
D2x_7091

|

« ツバメ | トップページ | 巷で話題の鳥-夏羽レンカク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツバメ | トップページ | 巷で話題の鳥-夏羽レンカク »