« ブナ林の中のキジバト | トップページ | 遠征先の野鳥 »

2006年5月18日 (木)

選外

先日、ナショナルジオグラフィック日本版の第15回デジカメ・フォトギャラリー入選発表がありました。で、今回は選外。つまり落選ですね。
連続入選はやくも2回で途切れてしまいました。応募した写真はヒレンジャクのこれなのですが、敗因は赤い実をくわえているカットにこだわりすぎたことでしょうか。実をくわえているのはこのカットしかなかったのですが、ヒレンジャクの位置と私の立ち位置から後ろボケのテニスコートの柵がどうしても画角内に入ってしまいました。後ろボケの空間ももっと空いているほうが構図としてよいのですが、なにしろ赤い実カットがこれしかなかったので、こいつを出してあえなく落選となりました。
最近、撮影した写真をすぐにWEBに載せてしまうので、気づいたときには「未発表」の応募規定に該当する写真にはいいのが残っていないということがよくあります。性格上、あまり出し惜しみしないのでこればっかりはしかたがないですね。また次回から出直しですが、とりあえず3回連続をめざすことに致します。
因みに、今回、お知り合いの桃井氏は前回に引き続いての連続入選です。露に濡れた夏の田圃の稲の中で舞うチュウサギを透過光でうまく表現されています。是非次回も入選して私の果たせなかった3回連続を達成してください。

D2x_9623

以前に書いた世界大会を兼ねたナショジオのフォトコンテストの締め切りも5月末に迫っていますが、こちらのほうは応募できるような写真は一枚も撮れていません。ナショジオの場合、自然界の厳しさや人の生活などが作品に盛り込まれていないと単に綺麗なだけではどうにもなりませんから。流氷の時期に厳寒仕様のドライスーツでも着て潜りでもしないとだめかな。

|

« ブナ林の中のキジバト | トップページ | 遠征先の野鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブナ林の中のキジバト | トップページ | 遠征先の野鳥 »