« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月29日 (日)

1月最後の鳥見

つい先日年が明けたと思ったら1月もあっというまに終わり。
今日は午前中アオバト探しで、午後から場所を変えてキクイタダキを撮りに。
アオバトは事前調査不足で場所を特定できずに見れませんでした。

200601291

200601292

200601293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

アオジも三昧

昨日はミヤマ三昧だったが、同時にアオジ三昧でもあった。
ミヤマは雄個体が1羽いただけだが、アオジは本当にたくさんいた。期せずしてアオジ三昧となる。
アオジも本来はすばしっこい鳥でじっくりとはなかなか撮らせてくれないが、昨日の場所では撮り放題。
アオジってこんなに簡単だったかな。
おまけはミヤマとアオジのツーショット。

200601231

200601232

200601233

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

ミヤマ三昧

今日は一日ミヤマ三昧。
♂の若い個体を600枚ほど。
撮りすぎでRAW現像全く間に合わず。
ごくごく一部だけ掲載。

200601221

200601222

200601223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

ナショジオ第14回デジカメ作品展

本日、ナショナルジオグラフィック日本版WEBサイトの第14回デジカメ作品展入選作品発表があった。
セイタカシギでの前回(第13回)に引き続き、なんとか連続入選を果たすことができた。
今回出品したのはオシドリの写真。被写体の中心はもちろんオシドリなのだが、撮影者である私自身の主題はむしろ水面に反射した紅葉だった。
同じ日に撮影した類似カットを既に掲示板等で公開していたので、未公開のものが残り少なく、応募作品選びに苦労した(多分掲示版等で公開済みの写真のほうが作品としての出来は良かったと思う)。掲示板等で公開済の写真の中には構図もほとんど類似しているものがあったが、オシドリの目の開きや水面のグラデーションの模様が違う未公開分を選んで応募した。
このデジカメ作品展は次回(現在募集中)から応募作品の点数制限がなくなるようだ。これまでは1回の作品展につき一人1点の応募に限られていたが、第15回の応募要領を見ると複数応募も可となっている。次回から応募点数が増えて入選が難しくなるのだろうか。

因みに、今回の入選作の中にお知り合いの桃井保さんの作品があった。落ち着いた色のレンゲ畑の中にチュウサギが一羽だけたたずむ桃井さんらしい素晴らしい作品だ。お知り合いの名前があってなんだかお仲間が増えたようでとても嬉しかった。

http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/digicam/gallery/200601/200601_02.shtml

200601201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

青いルリ

今シーズンはなぜか♀個体のルリビタキばかりに出会い、青い子はシーズンはじめに出会って以降全く見かけなかったが、ようやく青い子をじっくり撮ることができた。
昨年と同じ山茶花の木に今年もルリビタキがとまってくれないかと期待していたが、それもようやく実現した。
大きな山茶花の木の一番上と、条件的には厳しかったが、これ以上贅沢は言うまい。

200601191

200601192

200601193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

手ごわいミヤマ

ヤマセミに行こうかミヤマに行こうか迷った末、ミヤマ狙いで神戸市立森林植物園に向かう。
かなりの数のミヤマがいたがリラックスしているときはいつも地べたばかり。
少し近づくとすぐにブッシュのなかに逃げ込んでしまう。
ミヤマの団体さんは一定の範囲で同じところを行ったり来たりしているようだが、一度飛ばしてしまうと開けたところに誘導するのにひと苦労する。
開けたところから枝込みの方向に歩くと茂みに追い込んでしまうだけなので飛んだら自分もまたぐるっと一回り。
おかげでこちらも同じところを何度も歩く羽目になった。
7時間粘ったがすっきりとした枝どまりは撮れず。
今日はすべてFujiのF700のRAWで撮影してみた。
キクイタダキにも再挑戦しようと思ったが、今日はミヤマで手いっぱい。キクイタは前回と同じところに何羽かいた。

200601151

200601152

200601153

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

新年初めての金剛山

一日順延で新年初めての金剛山に行ってきた。
今日こそはウソの雪絡みをと意気込んで行ったが声すら聞けず。
淡い期待のレンジャクも空振りに終わる。
カケスだけがやたらと目立つ一日だった。

200601091

200601092

200601093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

久しぶりの淀川

今日は山行きの予定だったが、午後から吹雪そうな雰囲気だったので急遽予定を変更。
久しぶりに早朝の淀川を2時間ばかり歩いてみた。
ベニマシコでも撮れればと思ったが、ベニには出会えず。探し方が悪かっただけかも知れないが、自宅に双眼鏡を忘れていったのであまり丹念に探すこともできなかった。
モズが2メートルくらいの近さまで何度も接近。おかげでモズの写真を大量生産した。
川にはカンムリカイツブリ。猛禽が一度木に止まったが近づいたら飛ばれてしまった(双眼鏡がないので種別を確認できず)。
ホオジロ多数、そのほかカワラヒワ、ジョウビタキ雄といったところ。

200601081

200601082

200601083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

更新情報

野鳥撮影を通じてお知り合いが増えてきたにもかかわらず、リンク集の更新が長い間できないでいましたが、本日ようやく更新いたしました。勝手にリンクさせていただいた方、互換リンクいただいている方、取り混ぜて、お気に入りのサイトを気の向くままに。
今後とも皆様宜しくお願いします。

添付の写真は昨シーズンのアカハラとシロハラ。

200601061

200601062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

ようやくよく見かけるように

なぜか今年は見かける頻度が少なかったジョウビタキ。
最近になってようやく頻繁に見かけるようになってきた。
冬のアイドル達。今期はなんとか綺麗なのを撮りたい。

200601051

200601052

200601053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

なぜか今年は♀ばかり

昨年一度きりしか♀個体を撮れなかったルリビ。
なぜか今年は♀ばかり見かける。
青い個体をすっきり撮りたいな。

200601041

200601042

200601043

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

今年の初撮り

新しい年を迎えました。
忌まわしい事件や悲惨な人災・自然災害が多かった昨年ですが、今年こそは平穏で良い年になることを願って止みません。

昨年本サイトを訪問くださったたくさんの方々、本当にありがとうございました。
本年も昨年同様、宜しくお願い致します。

年頭の初撮りはヤマちゃん。

200601011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »