« 探鳥地ガイド | トップページ | 今日のアオバズク »

2005年7月15日 (金)

二個目のFMA入手

ニコンのFマウントアダプタというのをご存じだろうか。これはニコンのフィールドイメージングシステムのパーツの一つであるが、片側がニコンレンズで採用されているFマウントになっており、もう片側がニコンのフィールドスコープ用アイピースとつながるようになっている。
これを使うとニコンの一眼用レンズがフィールドスコープに早変わりする。

FMAは以前から一つ持っていたが、いろいろと使い回しのできる非常に便利なパーツであるため、是非もう一つ入手したいと考えていたが、ニコンでも在庫がなく、もはや手に入らないものと諦めかけていた。
そんなとき、フィールドで何度かお会いしたYさんからメールをいただき、FMAの在庫があるお店を教えていただいた。早速お店に電話をし、1個だけあった店頭在庫を確保した。
FMAは先にも述べたとおりニコンのフィールドイメージングシステムというシステムのパーツの一つである。二個目が欲しいと以前に別の店に問い合わせた際、既にニコンでも在庫がないとの回答であったため、ついに生産終了になってしまったかと思っていたが、今回二個目を入手できた店で聞いたところ、生産終了ではなく現在でも不定期ながら保守用部品として生産はしているというお話であった。しかし非常にマイナーなシステムの保守用パーツとして生産しているため、ニコンでも一旦在庫がなくなると次期生産・入荷がいつになるかわかならいパーツのようである。

さて、このFMAであるが、Fマウントのニコンレンズであればどんなものでもつながってしまうので本当に便利である。
ちなみに一眼レンズ+FMAという構成ではフィールドスコープのようなプリズムが入っていないため、デジスコシステムにした場合、ファインダー像は上下左右逆像になる。これを正像化するために液晶ファインダーに取りつけるルーペを工夫したりバリアングルモニター付きの機種を改造したりなどなんらかの工夫が必要となる。

200507151

|

« 探鳥地ガイド | トップページ | 今日のアオバズク »